kakiro-webカキローウェブ

システム開発情報とコンピューター書籍の紹介サイト

CentOS6.5 64bitのyumリポジトリにRepoForgeを追加

CentOS6.5の64bit版のyumリポジトリにRepoForgeを追加する方法を以下に示します。

※RepoForgeはもう更新されていないようですので、このページも今後バージョンアップ等の更新を行う予定はありません。

以下の各コマンドでプロンプトが「#」で開始しているものはrootユーザーでの実行、「$」で開始しているものは一般ユーザーでの実行となります。

RepoForgeのリポジトリ設定パッケージをダウンロード

以下のコマンドを実行してRepoForgeのリポジトリ設定パッケージのダウンロードを行います。

※ダウンロード元のURLは、RepoForgeの公式サイトから遷移できるダウンロードページにリンクがあります。

$ wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

RepoForgeのリポジトリのインストール

以下のコマンドを実行してRepoForgeのリポジトリ設定パッケージのインストールを行います。

# rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

yumコマンドの実行時にRepoForgeのリポジトリは明示的に使用されるようにしたい場合は、インストールされたRepoForgeのリポジトリの設定ファイル「/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo」を以下のように編集します。

[rpmforge]
:(略)
enabled=1
↓変更
enabled=0

yumコマンドの実行時にRepoForgeのリポジトリを使用するには、以下のようにオプション「--enablerepo=rpmforge」を付けて実行します

# yum --enablerepo=rpmforge list

以上でyumリポジトリにRepoForgeを追加の完了です。