kakiro-webカキローウェブ

システム開発情報の紹介サイト

VirtualBox ネットワークの設定 ブリッジアダプター

VirtualBoxで作成した仮想マシン(ゲストOS)を、VirtualBoxをインストールしているマシン(ホストOS)と同じネットワークに接続する場合は、ブリッジアダプターを使用します。

VirtualBoxで作成した仮想マシンに、ブリッジアダプターを設定する手順を以下に示します。

※ここで使用しているVirtualBoxはMac版のバージョン6.1.12となっています。

※ここで使用している仮想マシンは、当サイトのVirtualBoxにCentOS7用の仮想マシンを作成のページで作成したものとなっています。

VirtualBoxで作成した仮想マシンにブリッジアダプターを設定

(1)

「VirtualBox マネージャー」の画面でネットワークの設定を行う仮想マシンを選択して、「設定」ボタンをクリック、もしくはVirtualBoxのメニューから「仮想マシン」-「設定」を選択します。

仮想マシンの内容の表示から、「ネットワーク」の部分をクリックしても設定画面を開くことができます。

(2)

仮想マシンの設定画面でネットワークの設定を開き、「アダプター 1」に以下の指定を行い、「OK」ボタンをクリックします。

※「アダプター 2〜4」は、ネットワークアダプターを無効化した状態にします。

  • ネットワークアダプターを有効化:チェックを入れます。

  • 割り当て:「ブリッジアダプター」を選択します。

  • 名前:ホストOSが使用しているネットワークアダプター(ここでは「en0: Wi-Fi (AirPort)」)を選択します。

    ※ここで使用しているホストOS(Mac)は、ネットワークアダプター「en0」でWi-Fiを使用しています。

(3)

ネットワークの設定に指定した内容が反映されます。

VirtualBox ネットワークの設定 ブリッジアダプターについては、以上です。